商品ラインナップ ミニコミ誌

ミニコミ誌制作のポイント

一般的に男性は買い物をするときに店員に気軽には話しかけません。それは、商品知識のあるなしが相手と自分の関係=優劣を決めるという感覚からだそうです。質問をするという行為自体、男性にとっては「勝負」、女性にとっては「親和」を意味します。
買い物中の女性を客観的に観察してみると、店員とのコミュニケーションを楽しんでいるように見える。初めて入る店であっても気軽に店員に話しかける人が多い。女性は“自分に関心を持って話を聞いてくれる”“自分の好きなブランドや商品について共通の話題で盛り上がれる”そんな店員から買いたいと思っています。
また、店員と共感し合えたことがうれしくて商品や買物体験・使用感を積極的に口コミする傾向にあるそうです。

また、男性は一般的に商品を買った結果や得られる成果にこだわる。一方で女性は、その買い方やプロセスにこだわる人が多い。
もともと下調べをきっちりして、自分で商品の優劣をつけて、これだと決めてから売場へ最終確認に行く男性に対して女性は、漠然としたイメージを持ったまま店に行き、売場の雰囲気や店員との会話を楽しみ、そのプロセスそのものも商品の価値の一部として購入する。裏を返せば、購入しようとレジまでいったけど、店員の態度や余計な一言が不愉快で、買わずに店を出ていくということもありえるのだ。
どこへ行っても同じようなものが買える現在、何も不愉快な思いをしてまでそこで買わなければならない理由はない。
男性向きの商品であっても、夫が決定権者と思われる高額商品であっても私達は女性から選ばれるお店・定員になる工夫が必要で   次回のsophia mailでは女性の心をつかむキーワードをお伝えします。

 

 

メールマガジン会員さまにご登録いただきますとソフィアメールや
繁盛店づくりのヒントをお届けいたします!

メールマガジン会員登録はこちらから

  • ソフィア企画TOPへ
  • 商品ラインナップ

    カレンダー

    ミニコミ誌

    ガス器具提案チラシ

    イベント展示会

    繁盛店PRツール

    ホームページ制作

  • LPガス販売店の年間スケジュール

    1. 春
    2. 夏
    3. 秋
    4. 冬
  • 料金
  • 会社概要

    ヒストリー+概要

    マスコット+代表あいさつ

  • お問い合わせ
  • 女性の活躍推進宣言

ページの先頭へ戻る