商品ラインナップ ミニコミ誌


最近、ニュースレター(ミニコミ誌)を発行して、売上げ&利益UPを実現しているお店が増えています。チラシなどの一般広告は「情報」であるのに対して、ニュースレターは「読み物」として受け取られるため、精読率が高く、紙面に掲載した(人や商品の)情報が伝わりやすい特長があるからです。
しかし、一方では「ニュースレター販促」に失敗する店も少なくありません。そこでニュースレター(ミニコミ誌)の効果についてシリーズでお届けします。

これは最もシンプルな売れる仕組みです。このシンプルな流れを構築するには一度、購入(来店)していただいたお客様には、必ず再購入(来店)していただく「仕掛け」を用意しましょう。そうすることで、貴店の売上げ&利益は必ず向上していきます。
では、どのようにすれば「新規客」が再購入(来店)してくれるのでしょうか?初購入(来店)したお客様から清算時などに、「とても良かった。また来ます」とか「また、お願いするわね」という言葉をよく耳にします。しかし、結果的に「また来ます。また、お願いします」と言った新規客のほとんどが再購入(来店)しません。小売・サービス店における新規客の再来店率は一般に20~30%と言われています。では、残りの70~80%のお客様は「また来ます」と言いつつ、なぜ、再購入(来店)しないのか?
実は、その原因は明確になっています。「また来ます」は嘘でも社交辞令でもなく、その時(その場では)本心でそのように感じているのですが、その後時間が経過するにつれ、「お店の存在」を忘れるからに過ぎません。基本的に人間は忘れる生き物です。特に、われわれ現代人が日々受け取る情報量は膨大で、人間の脳は、パソコン同様「容量」に限りがあります。毎日膨大な情報をインプットしている現代人は、それとほぼ同量の「不要な情報」を捨てる作業を行なっています。そうしなければ脳がパンクしてしまうからです。70~80%の再購入(来店)しないお客様に悪気はありません。

そこで、「ニュースレター(ミニコミ誌)」を定期的に送ることにより、お客様の脳内で忘れる → 思い出す → 忘れる → 思い出す・・・
を繰り返すことにより結果、半年~1年間程度で、脳内に刷り込む(覚えてもらう)ことが可能となります。ですから一度、獲得したお客様をニュースレター(ミニコミ誌)で維持してこそはじめて、「半年後」「1年後」「5年後」のお客(=売上げ)を獲得することができるのです。

メールマガジン会員登録はこちらから

  • ソフィア企画TOPへ
  • 商品ラインナップ

    カレンダー

    ミニコミ誌

    ガス器具提案チラシ

    イベント展示会

    繁盛店PRツール

    ホームページ制作

  • LPガス販売店の年間スケジュール

    1. 春
    2. 夏
    3. 秋
    4. 冬
  • 料金
  • 会社概要

    ヒストリー+概要

    マスコット+代表あいさつ

  • お問い合わせ
  • 女性の活躍推進宣言

ページの先頭へ戻る